ビラ配りの上手なやり方とそこから学ぶ人との接し方

ライフスタイル
you
you

突然ですが皆さんはビラ配りやティッシュ配りをしたことがありますか?

 

大学のサークル勧誘や、アルバイトなどでビラやティッシュを配ったことがある方は少なからずいらっしゃると思います。ビラ配りやティッシュ配りはたった一瞬ですが人に物を渡すという、人と接することが求められる仕事です。しかし、ビラ配りやティッシュ配りは簡単そうに見えて意外と難しいものです。やったことのない人でも想像してみてください。自分が街を歩いていて、ビラやティッシュを配られたとき、どれぐらいの確率で受け取るでしょうか。受け取らないことの方が多いという人の割合の方が多いのではないでしょうか。ビラ配りやティッシュ配りのやり方にはコツがあります。今回はビラ配りやティッシュ配りのコツから、人との接し方について考えを広げていきたいと思います。

 

ビラ配りやティッシュ配りで他人に受け取ってもらうためのコツ

街中でビラやティッシュを配れ、と言われたらあなたはどうしますか。ただぼーっと立って、道行く人の前にビラやティッシュを無言で差し出すだけでは、よっぽど配る人の身を案じるような優しい人でないとなかなか受け取ってくれません。

私は学生時代、自分の所属していた劇団の関係で何回かビラ配りをしたことがあります。最初の方はただやみくもにビラを配っているだけだったので、全くと言っていいほどビラを受け取ってもらうことができませんでした。それが、とあることに気づいて試してみたところ、それまでと比べ物にならない量のビラを受け取ってもらえるようになりました。

声を発して相手に呼びかける

当たり前のことのようですが、相手にビラやティッシュを配るときに、「○○をよろしくお願いします。」などと声をかけることが大切です。意外と無言だったり、誰にも聞こえないようなぼそぼそした声でビラやティッシュを配ったりする人がいます。しかし考えてみてください。普段の生活で仮に人に物を渡すときにいきなり無言で渡したら、相手はどう思うでしょうか。何を何故渡されたのか理解できないかもしれないし、理解できたとしてもぶっきらぼうで嫌な印象だと思われるかもしれません。相手に気持ちがきちんと伝わらないと相手は受け取る気になれません。ビラ配りやティッシュ配りでも同じです。相手に何を宣伝したいのか、相手に何を渡したいのか、相手に配っているものを受け取ってほしいという気持ちを込めてきちんと一人一人に声をかけることが大切です。

一人一人にしっかり目を合わせて配る

これが一番重要なことなのですが、ビラやティッシュを確実に配るためには、配る相手1人1人の目を見て配りましょう。街中でビラを配っている人を見てもこれを実践できていない人が多い印象を受けます。私も最初は手元のビラやティッシュの方に目線を送りがちで、相手の目をしっかり見ることを疎かにしていました。そのような状態の時はいくら声をかけてもビラを受け取ってくれる人は半々、もしくはそれ以下ぐらいの割合でした。しかし、ビラを絶対に手に取ってほしい、という気持ちで、途中から配る相手の顔を覗き込んで目を合わせながら配るようにすると、それまでに比べてビラを受け取ってくれる人の割合が大幅に上昇しました。

自分が歩行者の側だったとして、ただ横から手が伸びてきてビラやティッシュを目の前に出されるよりも、まず目を合わせてきた人にその流れでビラやティッシュを渡された方が、受け取りたくなるのは当然です。ビラやティッシュを配るときは、意識して配る相手と目を合わせるようにしましょう

 

ビラ配りやティッシュ配りのコわたツは人と接する時のコツでもある

ここまでで、ビラ配りやティッシュ配りのコツは配る相手にしっかり目を合わせて声をかけることだということが分かりました。これは人と接する時に最も大事なことです。最初にも書きましたが、ビラ配りやティッシュ配りは一瞬ではありますが、人に物を渡すという点で人と接することが求められる行為です。ビラやティッシュに限らず、自分の意見を人に伝えるとき、人に何かを投げかけるとき、渡すとき、私たちはまずどうすれば相手に伝わるのかを考えるべきです。

普段私たちは人に意見を伝えるときにきちんと相手の目を見て表情を見て真っすぐ伝えることができているでしょうか。相手の反応を見ずに自分本位に話を進めてはいないでしょうか。

自分の伝えたいことをはっきり言葉にして伝えられているでしょうか。何も言葉に出さずに自分の思いを受け取ってもらえない、伝わらないと苛立ったり落胆したりしてないでしょうか。

人に何かをうまく伝えられない時、思いを受け取ってもらえない時、実はこんな当たり前なことができていないことが多いのではないでしょうか。相手のことをしっかり見て、はっきり声を出して伝えることがいかに大事か、ビラ配りやティッシュ配りのような一瞬のやり取りからもうかがい知ることができるのです。

you
you

ビラ配りやティッシュ配りという行為を普段の人とのやり取りを凝縮したものとして考えると、上手く受け取ってもらえるときともらえないときの行動の差にも納得ですね。

相手の目を見て、しっかりと声に出して内容を伝える。ビラ配りやティッシュ配りの時だけでなく、普段の生活から心がけていきたいことですね。

you

このブログの著者。30代前半独身の女性。京都大学総合人間学部出身。エンターテイメント関係の仕事に就く。マンガ・ゲーム・アニメなどが大好きなオタク。30代オタク女性に対する世間のネガティブなイメージを払拭すべく、HAPPYな生き方を日々模索中。

youをフォローする
ライフスタイル 一般的ライフスタイル
youをフォローする
30代オタク女子のHAPPY LIFE

コメント

タイトルとURLをコピーしました