ダンス?演劇?AKBの横山結衣さんも出演!梅棒EXTRAシリーズ公演「ウチの親父が最強」で最高のエンタメ体験を!!

エンタメ
you
you

こんにちは。HAPPYな生き方を模索中!!30代オタク女子youです。

さて、HAPPYに生きるためにはまんねりした日常にちょっとした刺激も必要ですね。そういった意味で心を豊かにしてくれるエンターテイメントに触れることはとても大事なことだと考えています。

今回は現在絶賛公演中!!エンタテイメント集団梅棒による本格的劇場型ダンスエンタテイメント 「梅棒EXTRAシリーズ ウチの親父が最強」 についてご紹介したいと思います。

エンタテイメント集団「梅棒」とは?

【踊りは気持ちだ!】をコンセプトとして2001年に日本大学藝術学部ダンスサークル『BAKUの会(現:Dance Company BAKU)』内で結成。

ストーリー性の有る演劇的な世界観をジャズダンスとJ-POPで創り上げる、エンタテインメント集団。 「多くのお客様が感情移入し、共感、感動できるパフォーマンス」を信条に、「劇場型ダンスエンタテインメント」を提供。

梅棒OFFICIAL WEB SITE より引用

上記の説明にもある通り、演劇とジャズダンスが融合されたような独自のパフォーマンスを行うエンタテイメント集団、それが梅棒です。

ダンスの公演というと、あまりダンスに親しみのない人にとっては少し敷居が高く感じてしまうものですが、梅棒の作品にはダンスの中にきっちりとしたストーリー性があるので普段ダンス公演を見慣れない人でも楽しめる要素がたくさんつまっています。むしろダンス公演というより、身体で表現する演劇と言った方がしっくりくるかもしれません。

プロのダンサーのパフォーマンスを視覚的に楽しみながらストーリーにもしっかり入り込むことができるので、梅棒の公演は老若男女誰でも共感、感動して楽しめるのではないでしょうか。

you
you

ミュージカルともまた違ってセリフも歌もない、メインはあくまでもダンス。でもしっかりストーリーもあるから観ていて他では味わえない爽快感があるよ。

もう一つの特徴としては、使用曲が聴きなじみのあるJ-POPであることです。この曲知ってる!!とか、この曲をこういうシーンで使えるんだ!!などの楽しみ方もできます。

梅棒EXTRAシリーズ公演 「ウチの親父が最強」の見どころ

では2019年9月5日から10月27日まで絶賛公演中、梅棒EXTRAシリーズ 「ウチの親父が最強」の見どころについてまとめていきたいと思います。

豪華キャストが贈る圧倒的パフォーマンス

梅棒のパフォーマンスが素晴らしいのは当然のことですが、今回の梅棒EXTRAシリーズの公演は、梅棒のメンバーの他にゲスト出演者が多数いらっしゃいます。そのゲスト出演者がとっても豪華なのです。

 

何と言っても最注目はAKB48の横山結衣さんのキレッキレのダンスです!!

横山結衣さんと言えば、もともとAKBの中でもダンスが上手いということで有名ですが、この梅棒の公演では、普段とはまた違ったダンスの才能を垣間見ることができます。梅棒のダンスはジャズダンスがメインなのですが、オールジャンルをたしなんでいないとなかなか難しい振付なのでは、と思います。しかし横山結衣さんはそれを完璧にこなし、物語のヒロイン役としてしっかり世界観に溶け込んでいるのが本当に素晴らしかったです。普段のアイドルのときとは全く違うテクニックと表情を見せてくれるので横山さんのファンは必見です。

 

横山さんの相手役の多和田任益さんも爽やかでかっこよくて素敵でした。さすがミュージカルの舞台にたくさん出演されているだけあってダンスもピカイチ。他のプロのダンサーさんにも引けを取らない実力を見せてくれます。

また、最近メディアでもよく取り上げられている鉄棒ダンスパフォーマーの上西隆史さんも出演されています。もちろん終盤では鉄棒ダンスも見せてくれますよ。これまた必見です。

他にもダンサーのパイレーツオブマチョビアンさんが意外な役で出演していたり、今回が本格的な舞台に出演するのが初という中学生の永洞奏瑠美さんののびのびしたダンスと元気いっぱいの演技など、細かく挙げ出すときりがないぐらいです。

この豪華ゲスト出演者陣と梅棒のパフォーマンスがうまくマッチしていて、極上のエンターテイメントに仕上がっているのではないかと感じました。

コミカルだけど心温まる、作りこまれたストーリー

演劇的なストーリー性があることで定評を得ている梅棒公演ですが、この「ウチの親父が最強」も例に漏れずしっかりとストーリーが作りこまれています。

「ウチの親父が最強」は、タイトルからも想像できる通り、「家族」「親」「父」をテーマとした作品です。公演の最初にもメンバーの語りでそのようなお話があるのですが、見終わった後、「自分の父親は父親になる前はどんな人物だったのか?」とか「父親って偉大だな」など、家族や父親に想いを馳せたくなってしまうこと間違いなしです。

と、これだけ書くとさぞかししんみりとした感動系の話なのかな、と思う方も多いでしょう。

しかし、そこに笑えるコミカルなシーンを多く取り入れているのが梅棒なんです。

私も公演中何度声を出して笑ったか分かりません。急にギャグ要素を取り入れてくるので不意打ちで笑わせられます。それなのにいつのまにかほろっときて泣かされる、梅棒の演出の上手さを感じさせられます。

登場人物の作りこみも素晴らしく、一挙手一投足に拘りを感じます。役によって踊り方が違うのはもちろん、メインで進行してる話の裏で動いているキャラクターの動きも細かく、見ていて飽きません。全ての登場人物が常にきちんと生きていて、一度見ただけでは追いきれないところもたくさんありました。

実はこの「ウチの親父が最強」は2014年に上演された作品の再演らしいのですが(私は初演を観れていません)、今の流行りも取り入れつつところどころリメイクがなされていたようで、初めて見る人にも非常に見やすい作品となっていました。今話題のあのチャラい芸人さんのオマージュもあってとても面白かったです(笑)。梅棒にとっても思い入れのある作品のようで、梅棒ファンからも人気があるのも納得できる、そんな素敵なストーリーでした。

秀逸なJ‐POPミュージックの使い方

そして最後にこの公演の見どころとして挙げたいのが、秀逸なJ‐POPミュージックの使い方です。

聴きなじみのある曲から、「一体そんな曲どこから探してきたんだ!?」というような曲まで、とにかくどの曲もちゃんとそのシーンに合って見えるから不思議です。

よく聴く曲でも、「こんなシーンに意外と合うんだ」とか「この歌詞をこう捉えることもできるのか」など新たな発見ができるかもしれません。曲選びのセンスが抜群なので、これも観る人を飽きさせない要素の一つなのではないかと思います。

ちなみに少しだけ今回使用されていた曲を紹介すると

  • スターライトパレード/SEKAI NO OWARI
  • ドラマティックに恋して/広瀬香美
  • ミッドナイト・シャッフル/近藤真彦
  • 会いたくて会いたくて/西野カナ

などが挙げられます。どれも有名な曲ばかりですね。この曲がどんなシーンでどんな使われ方をするのか、ぜひご自分の目で確かめてみてください。

詳細は実際に劇場に行って確かめてみよう

ここまで私が感じた今回の公演の見どころをまとめてみましたが如何だったでしょうか。

少しでも気になる!!見てみたい!!という方が増えたのなら幸いです。全力でおススメいたします。

今回ご紹介した、梅棒EXTRAシリーズ 「ウチの親父が最強」は

  • 東京公演 2019.9.5(木)~15(日)銀座博品館劇場/2019.9.20(金)~23(月祝)新国立劇場小劇場
  • 福岡公演 2019.10.19(土)西鉄ホール
  • 三重公演 2019.10.22(火祝)四日市市文化会館 第2ホール
  • 大阪公演 2019.10.25(金)~27(日) COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

にて公演予定です。東京は日程によって会場が変わるのでご注意ください。

チケットは

  • チケットぴあ
  • イープラス
  • ローソンチケット

などで販売されています。公演場所によっては他の申し込み方法もあるようなので詳しくは梅棒EXTRAシリーズ公式ページをご確認ください。

合わせて梅棒公式ページで、今までや今後の梅棒の活動もチェックしてみましょう。

you
you

何度でも観たくなること間違いなし!!梅棒の魅力に触れてみよう!!

チケットぴあ

 

 

 

公演の前後の腹ごしらえに美味しい中華はいかがですか?こちらの記事も併せてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました